Welcome

One of Three

ボーグに同化されて施された左翼教育から覚醒し、自己をとりもどした「人間」のブログ

One of Three

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Actual Generation
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ずっと更新してませんでした
「こん」さんのところが更新されてますね。
うちも、身辺がばたばたして、まるで書いてませんでしたので、嬉しく思いました。

どうやら、てっくさんはつぶれたようですね。
ほんとに赤サギだったのでしょうか?

とりあえず、うちも復活してみます(続かないと思うけど・・・)
皆様、よろしゅうに。



解体・民営化しかないね
最近のわが国を見渡すと、末期的な状態に見える。

どうやら、「滅び」へのフェイルセーフポイントを越えてしまったようだ。
残された選択肢は多くはない。

民間の殻をかぶった御用団体、電通・創価・経団連を解体民営化するというのはどうだろう。

なにしろ、やつらは農協(これ、民間団体だよね)を解体しようってんだからねぇ、これぐらいしないと、日本は存続さえ危ういね。

こんなことを書くと、B層の人にはタダのパラドックスにしか見えないと思うけど、自動制御の世界では、しばしば起こる現象なんですな。

マルチタスク制御をするときに、ある状態の前の状態を保存してから、自分の処理を行い、最後に以前の状態に戻すのだが、簡単なようで、意外に難しい。
片側しか見ていなければ、状態を把握しちるとは言えないので、動いていなかったモーターを「停止させて」から「動かして」元の状態に戻したと勘違いしてしまうことがあるのだ。
これは単純なバグであるが、複数の事象がからみあうと、なかなか発見できない。

日本は、いったい、どんな「停止」をするんだろうか・・・


不二家と草と外資の闇
不二家の不祥事が大きく問題にされている。

テレビを見ていると、不安がつのってくる。
どんな不安かって?

そりゃ、もちろん、マスコミの無軌条さですが。
煽るのもホドホドにしろよ。

T B S 必 死 だ な !

ってな感じですな。


さて、私はよく不二家レストランを利用する。
子供達が喜ぶからである。
手軽にお誕生日やってくれるとこ、他に無いのよねー

お誕生日やるのに困るから、試しにアンミラとか調べたら、近くの店無くなってるし。

中流意識のド真中にヒットするのが不二家、それが今、危機にさらされている。
きっと、社内に「草」送り込まれてるんだろな。

ISOにはじまる、ユダ公の国際規格の押し付けにより何重にもかけられた意識のヴェールを通してしか仕事を遂行することができなくなってしまった日本人。
食品業界ではHACCPなるものがある。(簡単なはなし、温度管理しろってことだが)
大手企業では管理すれば歩留まりが安定するので、すぐ導入されたが、中小、零細ではまったく無縁のものだったのに、流通の一部に組み込まれた業態では自分とこもやらないわけにはいかなくて渋々と始めたわけだな。

かくして、がんじがらめになった意識には「ごく普通のこと」が極悪なものに見えてくるという構図だ。

不二家には森永とか出資していると思うが(3%くらいか?)、今回、どう動くか見ものだな。
たぶん、ホワイトナイトを気取ってしゃしゃり出てくるんだろう。

しかし、よりによって、12年前の事故を掘り出すってのは、このギョーカイ(もちろん、放送)のジョーシキって、どうよ。
保健所には届けてあるっていうじゃね、何をいまさら。

って、ここまで下書きしてたら、アルルさんとこに詳しくあるでないの。
もう、続き書けないねえ。


最後にもういっかい貼っておこう、

T B S 必 死 だ な !


P.S だらだらとテレ朝とか見てたら品川区議とかの不祥事をやってたけど、中山温泉で「\18,000の高級旅館」「もっとも高級な料理」とか抜かしてるし、一泊18,000円で高級とか云うなよなー 恥ずい奴らだ。

マ ス コ ミ 必 死 だ な !

PLCと電波の話の散文的時事解説
松下電器がPLCモデムを発売するそうな。
売国の手先、総務省の音頭で踊る松下・・・哀れでさえある。

あちこち参照してください。

HF-PLC Watching Site

PLC問題2006秋

最初から煽っているのは日経だが、無様にも、日経ラジオが砂かぶって、商売にさしつかえてるようだ。

もとより、ITの世界はまやかしの世界。
ありもしない需要をでっちあげ、アタックの恐怖で縛り上げ、さらに複雑なシステムを売りつける。

最近、私の身の回りで交わされた会話;

「デジタルデバイドって何?」
「高速でつながらないことさ」
「???」

しかし、これが真実である。
ブロードバンドがつながらなくても、なんの問題も無いにもかかわらず、デジタルデバイドに陥ると脅しているわけで。

少し、電波の話をしよう。(デムパではない)

大昔、無線の黎明期であった頃、火花放電による無線通信が考案された。

今を去ること、100年以上の昔、ドイツのヘルツという人(親父はユダヤ?)は火花放電の実験をしている最中に、不思議な経験をした。

高圧の電気を2点のギャップに加えることにより、火花放電をさせると、近くに置いた金属の輪のギャップに火花が飛ぶのだ。


hibana


ある長さの一組の線の間に火花を飛ばすと、その線の長さに応じた何かが空間に飛び出す。

これに対向する同じ長さの線の間に、なんと火花が飛ぶではないか。

試みにこの線(すなわち、アンテナ)を少し遠ざけてみる、やはり火花が飛ぶ・・・

ううむ、何も無い空間を越えてエネルギーが移動した、これが電波なのだあ!


さて、この実験に触発されたイタリアのマルコーニという人はなんと、こともあろうに、大西洋横断の無線通信を成功させてしまった。

それからというもの、無線の波は世界中を覆い尽くすこととなった。

そして、日本海海戦の折、「敵艦見ユ」で名高い戦果を上げるにいたる。
このへんのところはオロモルフさんのサイトに詳しい。

話を戻そう。
世界中が無線の魅力に取り憑かれて、大勢の素人が無線の実験を始め、アマチュア無線が始まった。

やがてプロの無線は波長の長い、長波(電波時計とかで使っています)、中波(今のラジオ放送のあたりですね)を独占してアマチュア無線家は波長200m以上の電波を使うことはまかりならん!とお上(これ、アメリカの話だから)からのお達しがでてしまった。

ところが、ところがですよ、アマチュア無線家たちが追い込まれてしまった3~30MHz(周波数の単位、ヘルツと読みます、つまりヘルツの名前を記念してるわけですね)の短波帯は、じつはとんでもない代物だったのです。

地球の周りを取り巻いている荷電粒子の集まった層、すなわち電離層で反射した短波帯の電波は何度も反射を繰り返し、地球の裏側までとどいてしまうのです。
20世紀の間、短波無線はわずかな電力ではるかかなたまで伝播する、驚異の通信手段だったのです。

さらに話を戻そう。

こともあろうに!(こればっかりや)PLCはこの短波帯を使うというのです。
それも、ベースバンドで(正しくはOFDMだけど)バリバリに変調するものだから、まさにノイズそのもの、それが短波の特徴である、わずかな電力でも遠くまで飛ぶという・・・困った仕掛けなのです。

今、PLCが不本意にも発生する「不要な」電波が世界中を汚染しようとしているのです。
これは誇張ではなく、家庭内に張り巡らされた電灯線はまさにアンテナに酷似した構造になっているのです。

何故、総務省は省令を改正してまでこんなものを許可したのでしょうか?
それは総務省が売国奴の手先だからにほかなりません。

真面目に言い訳をするなら聞いてやるゾ、できねえと思うが。

郵政通貨と日本復興プラン
気韻頭日記さんとこを見てたら、日本青年会議所の復興プランってのがあった。

で、すごい内容なのよ。

青年会議所って、その筋、あの筋ゾロゾロで、グローバリズムのお先棒かついでるし、リアルで話しても結構いいかげんな連中だし、二代目ボンボンだし、飲べえだし(あ、オレもか)・・・
最近ではなんか偉そうなこと言ってるけどお花畑だし、もしかして、平沼先生の良い薫陶が効いてきたのかしら?

だれもが絶賛するような内容だったが、なにかひっかかる。
あ、乗数金融無視してねえ?これ

日銀コケて金利上げられたら、100兆の資金調達しても今までの分の利息払えないじゃん。
これ、もしかして、増田某の話と一致してねえ?
ヤベー、ぐるぐるまわりじゃねーかっ!
結局、末端の労働者と利害の一致する連中じゃないんでないか?

やっぱ、なー、ダメなもんはダメなのよ。

と、思ってたら、エクソダスさんのとこに凄い話があった~~!

郵政通貨!

郵貯の資金を「当座」のように用いて,1円=1〒として政府紙幣のかわりをやれば!

abeさんのはなしとつなげて考えれば、完璧!

オレ、経済はからっきしダメだけどちょっと解説しよう。
現金には2つの徳があって、ひとつは対価として用いて商品の流通を促進することであり、もうひとつの徳は貯蓄として問題を先送りすることができるということです。

ここで、地域通貨が抱えている問題は、減価しないために、貯蓄されてしまって、流通を促進しなくなってしまうことです。
これではグローバルなネット通貨に駆逐されてしまいます。(現在、これが最大の危機と考えられます)

日銀通貨はこれまでどおり、為替と利息のつく金融に、郵政通貨は真水分として「担保」のようなあつかいにする・・・こちらは無利子、つまりコールローンのような金と思えばよいでしょう。
これなら、現金の流通量を増やしても政府の借金はいままでどおりで、為替もそのままなので、外国から文句を言われるすじあいも無い、金利を上げられても貯蓄分には影響が及ばない・・・う~む、完璧。

青年会議所のプランの,資金100兆円のかわりに郵政通貨を使えば、あとは政府の売国をやめさせるだけで(それが難しかったりして)いいのです。

さあ、この辺のリンクを読んでください。
特に、rainbowring-abeさんのところは最初から全部読んでくださいね。(この人は地域通過の専門家です)

気韻頭日記
http://kagee.blog23.fc2.com/

とくらBrog
http://ttokura.exblog.jp/

エクソダス2005《脱米救国》国民運動
http://exodus.exblog.jp/

日本人が知らない 恐るべき真実
http://d.hatena.ne.jp/rainbowring-abe/



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。