Welcome

One of Three

ボーグに同化されて施された左翼教育から覚醒し、自己をとりもどした「人間」のブログ

One of Three

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Actual Generation
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国税について考えてほしい
最近、まったくエントリが無い状態が続いていたが、すこしだけ書いてみよう。

政府の売国、マスコミの亡国をさておいても、国民の無知はなんとかならないものだろうか。

そもそも、「税」とは何だろうか?
自治体は税を集めて自治をおこなう、これは自明の理である。

だが、国には通貨発行権があるので、税を集めなくても通貨を発行することが可能で、徴税により歳入を確保するひつようは無い。
では、何故に税を集めるのか?

これは、日本国憲法によって規定されている。
すなわち、納税は国民の義務であると。

つまり、徴税を行うのは良いが、たとえば、1円でもよいわけで、税で国を運用しなければならないわけではない。

理想的な運営は、対外的な収支に基づく通貨の適正な発行により歳入を確保して、その時々の民度に見合った歳出を行うことである。
そして、富の再配分を税によって行うのが良い。
つまり、累進課税を強化し、貧富の差を縮め、人心を安定させ、競争の害から遠ざけるのだ。

現在、極端な競争社会になっており、誰一人、「幸福」と呼べるところから、遙かにとおくなってしまっている。
勝ち組でさえ、「富の囚人」ではないか。
これが日本人か?
もっと知恵を出さないでどうする?

デフレの時にインフレの心配なぞする必要も無いし、もし利上げなどすれば国民経済は奈落の底に沈んでゆく。(実際そうなったが・・・)

「エコ」も経済の調子が良い時にはなかなか役に立つが、今ジタバタするようなものじゃない。
景気を刺激するには高速道路の永久無料化など、極めて有効な手段である。
(あの鬼畜アメリカでさえフリーウェイは無料、もっとも、橋は有料だが)

高速道路の無料化と道路族の解体、妙に心躍る政策でないかな?
ただ、利権を解体する時は外国に付け入られる隙をつくるおそれがあるので、各方面の族の解体はかならずしも強く要求するものではない。
無能な役人がのさばっていたとしても外国人にすべてをさらわれてしまうよりははるかに良いだろう。
役人達も国内の消費をささえているのだから、彼らを追放すれば彼らは餓え、その分、民は競争が激しくなるのだから。

まず、マスコミの誘導から離れ、「国税」とは何かを充分に考えてほしい。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://actualgeneration.blog46.fc2.com/tb.php/35-726f7ebc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。