Welcome

One of Three

ボーグに同化されて施された左翼教育から覚醒し、自己をとりもどした「人間」のブログ

One of Three

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Actual Generation
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毎日新聞の次は・・・?
為政者は、インターネットを潰したくてしかたがない。
細かく細かく、印象操作を行って、インターネットの「悪」を説く。

まず、切り口は引用先を見てもらうのが良いと思う。
http://klingon.blog87.fc2.com/blog-entry-638.html
これまで我が国の頂上に巣喰う売国奴がさまざまな隠れ蓑を被せながら多くの法案をゴリ押ししてきた。
外国人参政権、人権擁護法、共謀罪、裁判員制度、そして児童ポルノ規制法等々だが、これらは国民の目に触れることなく推進されてきた。

三輪さんは云う、「愛国者なら声を上げろ、なぜこれらに沈黙する?」と。

だが、言うは易く、行うは難し、常々、ネット上のコピペに終始する輩(もちろん、私も含め)は誰もが日常の囚われ人であり、誰もが三輪さんのように強靭な精神と論理性を持っているわけではない。
しかし、昨今の状況を見ると、これまでとは違った極めて危険な状態であると判断せざるを得ない。

私は、息子たちに対し、すでに危険な時期であることを明示的に宣言しているし、この秋にも大々的なインターネット規制が行われる可能性が高いことを告げている。

そして、三輪さんは頑なに暴力による解決を否定する。
国家権力が、その問題解決の担保として暴力装置を有しても、日本国民は牝馬のごとく柔和でなくてはならない。
すべては知恵によってのみ解決する必要がある。
私も、幾度となく暴力の欲望に駆られることがあっても、三輪さんの毅然とした態度を見るにつけ、知恵の世界に立ち返ることができた。
しかし、今、情報網を断たれたらどうだろう?

一縷の望みとして、毎日新聞事件が白日の下にさらされたことがある。

この、毎日新聞事件は、ネット上で発生した事件だと思われているが、実はリアル世界で同時進行しているのだ。
そして、同時にネット上のアンケート調査に似た結果をもたらしている。
すなわち、ネット上にもリアル同様のB層、そして覚者もおり、智者もいることが良くわかった。

仮に今、大々的にネット規制が始まったとしたら、これらの全ての人々は沈黙させられることになる。
ただし、ひとつだけ例外層がある。
それは2ちゃんねる上の掲示板である既婚女性板に集い、情報を共有し、仮想空間の井戸端会議としてリアル世界との架け橋となっている奥様方である。

彼女等は、ほのぼのとしたAAである ウッカリサン( ´∀`)σ)∀`)  を用いて共感を得、誰が敵で誰が味方かを見分けてきた。
そして、やってよい事、いけない事をよく弁えている。
彼女等は今、その守るべき者を賤しめられ、危険にさらされていることを体感している。
それゆえ、仮にインターネットが消滅したとしても、リアルの井戸端会議でリアルのマスメディアを終焉に導くことが可能である。

彼女等は、自己、子供、配偶者、家庭環境をそこなわれたので復讐する権限を有する被害者である。
彼女等は非暴力であり、良識と規範を備えて、かつ理論武装し、自己の利益を明確に表現する能力があるため、安易な誘導でグループ化することもなく、純粋な個人の疎結合による市民勢力となっている。

毎日新聞を亡きものとしようと、彼女等に情報投下を行っている第三の勢力(読売?)はいるかもしれないし、いないかもしれないが、その意図があっても無くても結果に影響が無いということだけは言える。
めでたく毎日新聞が無くなった時、それは次のステップの始まりとなる。

彼女等はその攻撃対象を細分化し、どのグループに属するか選択することができるし、他のグループに干渉することをしない。
グループは自分の興味の対象となるものをいくつでも複数選択できるのだから、外圧でまとめて「巻狩り」にあうこともない。
そして外見、B層を装うこともできるし、為政者のエージェントにしても、自分の母や娘や妻かもしれず、うかつな行動はとれないのだ。

遠巻きにして静観しているマスコミは毎日消滅が地獄の入口であることを知るべきである。
ひとたび、売国新聞が曝されれば、これまで知らぬ顔の半兵衛をきめていた残りの報道機関はすべて同類であることが証明されてしまうからだ。
自浄作用が利かぬ集団は奥様方により粛清されるのが道筋であろう。
創価学会がこの事態を理解しているかどうかはわからぬが、読売&日本テレビはミヤネ屋をテコにして生き残りのチャンスを準備したことになる(もちろん、今後の報道姿勢しだいだが)。
まあ、読売は聖教新聞という利権を押さえているわけだから、理解していないことはあるまい。

最後に、売国為政者とそのエージェントに告げる。
今、彼女等を畏れ、悔い改めて撤退するなら、罪一等を減じ、日本所払いぐらいで許される可能性はある。
しかし、毎日新聞消滅以降、貴様らには御赦免の道はないだろう。

男の私には参加する資格がないが、奥様方の追及の手に終わりは無いと思われるから。
安寧秩序を守りネメシスの手が清からんことを祈る。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。