Welcome

One of Three

ボーグに同化されて施された左翼教育から覚醒し、自己をとりもどした「人間」のブログ

One of Three

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Actual Generation
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユダ公の見分け方
ここのところ、まったく更新していなかったが、世の中が末期的に思えて書けなかったというのが本当のところだ。
私の敬愛するいくつかのブログが滞っているのも原因だったが。

今日はちょっと、気分を変えて大胆なテーゼをひとつ。

「凡そ総ての場合において、互いに相反する2つの事象による問題解決を呈するケースはユダヤの解を持つ。」

たとえば、「2大政党による安定政治」とか、わざわざ自分で911の自作自演のネタバレするアメリカ政府とか、「ロスチャイルドとロックフェラー」とか(あ、こりゃそのまんまだぁ)
自分が原案を出している柳生すばるがやたらと対案を求めたりするのも説明できるな。

何かに具体的に「反対!」を表明しなければ議論にならない!などと云うのも、とりあえず反対の事を言っておけば状況はバランスするから問題を先延ばしできるな。
そう考えると、現状から抜け出すためには、「すべてをあいまいなまま、事実のみを提示し、並列処理により全体を判断する」しかないってことじゃないか?

並列処理については、私は「ドラゴンの思考」と呼んでいる。
ドラゴンは火を吐くUMAの一種であるが、この炎は単に彼らの言語であって、対する人間に並列思考、すなわち起承転結を総て同時に記述した状態言語(これは量子状態ですね)により語りかけるため、これを意識に直接受けた人間は精神的なショックのため火を吐きかけられたと認識してしまうというものである。
(別に、直感で処理すれば良く、古典的な論理順序で処理しなければ良いだけです、ハイ)

ちょっと考えて訓練すれば単純なパターン認識でユダ公の仕掛けを見破ることが可能です。
ヤダヤと総括せず、国際金融資本と言おうというのもすでに術中にはまっていると考えられます。

「ユダヤ人が3人集まれば4つの意見が出る!」などと言っているのですから、アシュケナージとスファラディの対決!などと猶予するわけにはいきません。
すべて彼らのライフスタイルなのですな。

日本人の皆様方にはくれぐれも騙されて踊ることの無いよう、ご注意くださいませ。


しかし、こう、穿った見方をしていると、私の敬愛するてっくさんもユダヤ・・・
(わぁ、石投げないでぇ、、、あなた方のうち、ユダヤでないものだけが石を投げなさい、とか)

真性ユダヤの皆さんはこの書き込みは無視してくださいね☆

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。