Welcome

One of Three

ボーグに同化されて施された左翼教育から覚醒し、自己をとりもどした「人間」のブログ

One of Three

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Actual Generation
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

売国は静かに進む
今回のNHKの偏向売国問題で、私の感じたことはちょっとズレているかもしれない。

私が一番違和感を感じたのは、花岡某をはじめとして、OBを除いた現役のマスコミ全部が一致してNHKを論理的(表層的ではあるが)に擁護していることだ。

どう譲っても、NHKは国民的大事件を「スクープ」できなかったわけだし、作為、不作為にかかわらず、全面謝罪するのが筋である。
なにか微妙に、表に出たくない理由があるとしか考えられない。
なにか溜めているようにさえ感じる。
だからこそ、産経の花岡某がスケープゴートになって、ブロガーの批難を一身に受けているかのように・・・

てっくさんの熱意が新たな証拠をもたらしたとしても、彼らは方向を変えないのではないか?

近々、マスコミはなにかをやろうと、蓄えている・・・そんな確信が沸いてくる。
昔なら、食えなくなってヤケクソの「おかげまいり」だとか「うちこわし」だとかが多発しているのではないか?
それとも、タルを叩いて八木節でも歌ってまぎらす?国定忠治とか、待ちながら?

今、食えなくなった国民が求めているのは何だろう?
もっと大きな破壊がやってくるのを待っているのか?

世界に向かって無いこと無いこと言われつづけて・・・

もしかして、日本人はこのまま盗られ続けるのかもしれない・・・
かつて、韓国で邪教の首領、文鮮明が言っていたように、「日本はエバの国だから、与え続けなければいけない」とか、ね。

・・・これ、実はフジサンケイの路線だったよね。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。